住宅ローン基礎知識

つなぎ融資ってどんなもの?仕組みや手順、利用する場合の注意点について

更新日:

一般的に住宅ローンは、家が完成しているものに融資されるものです。

マンションや建売住宅、中古住宅を購入する場合は、費用の総額がすでに分かっていて、まとめて支払いができるので、引き渡しのタイミングに合わせて融資実行をしてもらえばいいので、特に問題はありません。

ただ、新築一戸建てや注文住宅を建てる場合は、建設工事期間中に、着工金や中間金など数回に分けて費用がかかってきます。

その時に、住宅ローンでは対応ができないので、「つなぎ融資」を利用するということになります。

つなぎ融資とはどんなものなのか、つなぎ融資の仕組みや手順、利用する場合の注意点などについて見ていきます。



 

つなぎ融資とは?どういうもの?

つなぎ融資とは、建物が完成して住宅ローンを正式に融資実行してもらうまでの期間に、“つなぎ”として借入するローンのことです。

注文住宅など新築一戸建てを建てる場合は、建築工事の着工のときに支払う「着工金」、上棟のときに支払う「中間金」、竣工の時に支払う「竣工金」などの支払いが発生します。

金額はそれぞれですが、それなりにまとまった金額が必要となります。

そこで、住宅が完成するまでに必要な費用をまかなうためのローンとして「つなぎ融資」があります。

土地の購入代金から利用できる場合もあります。

つなぎ融資の仕組みや利用の流れ

まずは、つなぎ融資を取り扱っている金融機関で、住宅ローンとつなぎ融資を申し込みます。

審査が通れば、つなぎ融資が実行されるので、土地代金、着工金や中間金、竣工金などを支払います。

回数に制限があったり、借入額の○%までなどの限度があったりします。

つなぎ融資の借入中は、金利のみを支払って、建物が完成し引き渡し後の住宅ローンの「融資実行」の際に、つなぎ融資の清算が行われる仕組みとなります。

つなぎ融資は住宅ローンを使って完済してしまうんだね。

 

つなぎ融資の注意点

つなぎ融資を利用する場合の注意点について見ていきます。



金利や手数料・印紙代などの諸費用がかかる

つなぎ融資も住宅ローンと同じように、借入期間や金額に応じて、利息が発生します。

金利は住宅ローンに比べると高め(今はだいたい3%くらい)になります。

さらに、事務手数料(10万円くらい)や契約書の印紙代などの諸費用もかかります。

自己資金で賄えるのならば、できるだけ借りない方が節約できます!

 

どこの金融機関でも取り扱っているわけではない

つなぎ融資はどの金融機関でもあるわけではありません。

住宅ローンをしっかり比較して選んでいても、金利が安くて自分にピッタリの住宅ローンを見つけていても、そこでつなぎ融資を取り扱ってくれていなければ、だめです。

自己資金で着工金や中間金を支払えなくて、つなぎ融資を利用したいと思っている人は、「住宅ローンを選びだす段階」でつなぎ融資が利用できるかどうかをチェックしておく必要があります。

金融機関によっては、つなぎ融資はできないけど、「分割融資」など、他の方法で着工金や中間金を支払うための融資がある場合もあります。

 

つなぎ融資についてまとめ

土地購入や着工金・中間金などの費用の支払いに利用できる「つなぎ融資」。

どの金融機関でも利用できるわけでもなく、金利や諸費用もかかってくるという点に注意しましょう。

着工金や中間金など建築費用の支払い方法は、建築会社とのやりとりになります。交渉してみて、金額を少なくしてもらうなどが可能であれば、自己資金で支払うか、つなぎ融資の金額を減らすこともできます。

つなぎ融資は自己資金が少ない場合に、注文住宅や新築一戸建てを建てるためにありがたい仕組みとなっています。

自己資金をしっかり貯めておくなどして、つなぎ融資は利用しない方が節約はできるので、しっかりと計画しておきましょう。

 

住宅ローン比較ポイント
住宅ローンを比較する際には、金利はもちろん、手数料・保証料・繰上返済の手数料、疾病補償などさまざまなポイントがあります。ベストな住宅ローンはどうやって選べばいいのか!新規の借り入れでも借り換えでも、住宅ローンを比較・検討する場合に注意しておくべきポイントについて見ていきます。
住宅ローンを比較・検討するためのポイント

おすすめ住宅ローン

スポンサーリンク





-住宅ローン基礎知識
-

Copyright© おすすめの住宅ローン&注文住宅 入門編 -自営業 家を建てる- , 2018 All Rights Reserved.