太陽光発電

太陽光発電を設置するなら新築時が最適となる理由|メリットをあげて解説

投稿日:

「新築する住宅に太陽光発電を考えてるんだけど、家のことを考えるのに精一杯だから、太陽光は家が完成して住んでから考えたらいいか・・・。」

太陽光発電を設置するのなら、新築時から設置してしまうのがおすすめです。

新築住宅でも、すでに建っている住宅でも、太陽光発電システムを導入することはできるのですが、新築時に導入してしまう方がメリットは大きいと思います。

太陽光発電を新築時に設置するのをおすすめする理由、メリットについて見ていきます。



 

太陽光発電を乗せる前提で屋根を決められる

太陽光発電での発電量は、「屋根の方角や角度」がとても大切になってきます。

新築住宅の場合、太陽光発電の設置を優先して屋根の形や構造を設計することができます。

それにより、無駄の少ない効率的な太陽光パネルの設置位置を確保することができます。

太陽光発電システムの費用対効果が高くなる!

 

ジャマな配線・配管を隠してしまえる

太陽光発電を設置するためには、配線や配管も当然必要となってきます。

建ててしまってから設置する場合、これによって外観の見た目やデザインを損なってしまうことも考えられます。

新築住宅の工事の場合、建築段階で、配線や配管などの設置作業を工程に入れることができて、見た目のジャマにならない壁の中などに入れてしまうこともできるのです。

 

大きなパワーコンディショナーを目立たない場所に

太陽光発電システムには、パワーコンディショナーという大きな機械を室内に設置するものが多いです。
うちの家では脱衣所についていますが、これがけっこう大きくて、太陽光発電を乗せていない人から「これなに?」って聞かれたりします。

新築の場合は、これの配置場所もある程度自由に決めることができます。見た目は悪くならないように、さらに発電効率もよくできるというのはいいですよね。



 

住宅ローンに組み込んで負担の少ない返済が可能

太陽光発電システムは、高額の設置費用がかかります。

すでに建っている住宅に設置する場合、自己資金で支払うのならいいのですが、太陽光用のローンを借り入れるにも、金利は住宅ローンよりも高くなります。

返済年数も短くなりますし、返済が大きくなってしまいます。

新築の場合は、住宅ローンに建築費用と一緒に組み込んでしまうこともできるので、低金利で太陽光を設置できて、負担が少なく返済していくことができます。

新築工事中なら、足場があったりして、それをそのまま使えることで工事費用が抑えられることもあります。

 

太陽光発電は新築時に設置するのがおすすめ

見た目・効率・費用面でみても、新築時に設置するのがおすすめなのです。

新築時に設置しないで、後々に設置しようと思っていたけど、結局いまだに設置していないという人もいます。

太陽光発電は、売電価格が下がってきていますし、この先の見通しもはっきり立っていない状況で、タイミングを逃してしまうのは、とても痛いです。

太陽光発電を設置するのなら、新築時から設置してしまうのがおすすめです!

新築時には、建築会社と提携の太陽光発電業者以外の見積りもとっておく方が、設置費用を安く抑えられるケースが多いようです!
太陽光発電無料一括見積「グリーンエネルギーナビ」口コミも豊富

自分にあった優良の会社を選ぶには、複数社の見積もりを比較することがおすすめです。 グリーンエネルギーナビは、利用満足度93%以上、実績No.1の「太陽光発電販売会社紹介サイト」。 たった1分で見積り依 ...

続きを見る



 

公式ツイッター:

スポンサーリンク





-太陽光発電

Copyright© おすすめの住宅ローン&注文住宅 入門編 -自営業 家を建てる- , 2018 All Rights Reserved.