住宅ローン借り換えや返済

すまい給付金ってなに?対象者や対象となる住宅は?実際いくらもらえるの?

更新日:

お得に住宅づくりをするために、「住宅ローン減税」とともに、「すまい給付金」をうまく活用しましょう。

住まい給付金は、消費税増税の負担を少なくするために作られた、最大30万円もらえる制度です。

「よく分からない」「面倒くさい」「放っておいても支給してもらえる」と、受け取っていない人も多いそうですが、それではスゴくもったいない!

すまい給付金とはどういうものなのか、対象者や対象となる住宅の要件、実際いくらもらえるのかなどについて見ていきます。



 

すまい給付金とは?

すまい給付金は、住宅を取得した人が、消費税引き上げによる負担を軽減するために作られた制度です。

住宅ローン減税は、支払っている消費税などから控除する仕組みとなるので、収入が低いほどその効果は小さくなってしまいますが、すまい給付金は、収入によって給付額が変わる仕組みとなっていて、住宅ローン減税とあわせて消費税率引き上げによる負担の軽減をはかるものとなっています。

誰でも分かる住宅ローン減税|いつまで・いくら返ってくる?条件は?

なんとなく「住宅ローン減税」というものがあるというのは知っているという人も、はっきりと理解できていない人も多くいる制度です。 取得してから申請(確定申告)までに長い期間が空いてしまうと、忘れてしまって ...

続きを見る

すまい給付金の実施期間

消費税率が引き上げられた平成26年4月以降、平成33年12月までに引き渡されて入居が完了した住宅

 

すまい給付金の対象者

住まい給付金は、住宅を取得して、登記上の持分を保有するとともに、その住宅に自分で住む、収入が一定以下の人が対象となります。

● 住宅の所有者(不動産登記上の持分保有者)

● 住宅の居住者(住民票で、取得した住宅への居住が確認できる人)

● 収入が一定以下の人(消費税8%時は収入額の目安が510万円以下・消費税10%時は収入額の目安が775万円以下)

● 住宅ローンを利用しない場合は、年齢が50歳以上の人



 

給付対象になる住宅の要件

すまい給付金は、良質な住宅を増やす目的もあるから、住宅の質に関する一定の要件を満たした住宅が対象になっています。

中古物件については、消費税の課税対象となる住宅取得の場合は対象となります。(不動産仲介会社などを通した購入など。)

● 引き上げ後の消費税率が適用されること

● 床面積が50㎡以上であること

● 第三者機関の検査を受けた住宅であること

住宅取得にあたり、「住宅ローンを利用したか・利用していないか」「取得する住宅が新築か・中古か」によって異なる要件となっています。

 

給付金額は?いくらもらえる?

給付金額は、住宅を取得した人の収入・持分割合により決定します。

給付額は、住宅取得者の収入と不動産登記上の持分割合によって決まります。

具体的には、持分保持者が一人の場合の給付額を「給付基礎額」として、収入に応じて決まる給付基礎額に「持分割合」をかけた額が給付金額となります。

消費税8%の場合
収入額の目安 都道府県税の取得割額 給付基礎額
425万円以下 6.89万円以下 30万円
425万円超 475万円以下 6.89万円超 8.39万円以下 20万円
475万円超 510万円以下 8.39万円超 9.38万円以下 10万円 

※収入額の目安は、扶養対象となる家族が1人(専業主婦、16歳以上の子どもなど)の場合をモデルに試算。

※神奈川県は他の都道府県と住民税の税率が異なるため、収入額の目安は同じですが、所得割額が上の表とは異なります。

消費税10%に引き上げられた後は、収入額の目安が775万円以下の方を対象に最大50万円が給付される予定となっています!

収入については、給与取得の「額面収入」ではなく、「都道府県税の取得割額」に基づいて決定されます。課税証明書は、引っ越し前の住宅の所在する市区町村発行のものを発行し、「都道府県税の取得割額」を確認する必要があります。

「持分割合」については、不動産の登記事項証明書(権利部)で確認します。

「あなたがどのくらいもらえるのか」を知りたい場合は、「すまい給付金かんたんシュミレーション(国土交通省すまい給付金HP)」を使うことでによって、シミュレーションを行うことができます。



 

住宅ローン比較ポイント
住宅ローンを比較する際には、金利はもちろん、手数料・保証料・繰上返済の手数料、疾病補償などさまざまなポイントがあります。ベストな住宅ローンはどうやって選べばいいのか!新規の借り入れでも借り換えでも、住宅ローンを比較・検討する場合に注意しておくべきポイントについて見ていきます。
住宅ローンを比較・検討するためのポイント

おすすめ住宅ローン

スポンサーリンク





-住宅ローン借り換えや返済

Copyright© おすすめの住宅ローン&注文住宅 入門編 -自営業 家を建てる- , 2018 All Rights Reserved.