中古物件・リフォーム・リノベーション

「リフォーム」と「リノベーション」の意味に違いや使い分けってあるの?

投稿日:

最近「リノベーション」ってよく聞くけど「リフォーム」とはどう違うの?

たぶん、どっちも住宅を改修することだと思うんだけど、結局リノベーションってどういう意味?

「リノベーション」と「リフォーム」なんとなく似ている言葉だし同じような時に使われてるし、違いがあるのか、そもそも同じ意味なのかよく分かりませんよね。

リノベーションもよく耳にするようになって、リフォームとリノベーションが混同されてしまっていることも多いのですが、正確には違うもの。

でも、言葉がよく分かってなかったら、業者選びの時もあいまいになってしまいますよね。

リノベーションとリフォームの違いについて見ていきます。



 

リフォームの意味とは?

リフォームは昔から聞くよな・・・。
リフォームは以前から使われてきた建築用語で、聞き慣れてるし、意味もだいたいの人が想像できますよね。

英語で書くと「Reform」で、直訳すると「改正・改革・改善」。「元に戻す」というような意味になります。

日本で使われている意味は、イメージ通り「住宅を改装したり改築したりすること」ですね。家を作り直すという意味を込めて「リホーム」としている業者なんかもあります。

外壁を変えたり、キッチンや浴室を新しいものにしたり、トイレの和式便所を洋式便所に、など設備を変えたり、省エネルギー性能の優れたガラスにしたり、耐震性を強化したり、バリアフリー化やオール電化など、なんとなくイメージできますね。

 

リノベーションの意味とは?

リフォームよりは、最近よく耳にするようになったよな・・・。
日本では古くから住宅の改築や改装のことを「もう全てひっくるめて リフォーム!」とするのが一般的でした。

リノベーションは英語で書くと「Renovation」で、直訳すると「革新・刷新・修理」といった感じ。こっちの方が、日本語の「いわゆるリフォーム」に合ってそうな言葉ですよね。

新しいものに作り替えるようなイメージがあります。

リノベーションは、今ある建物に大規模な改修工事を行って、機能や使い勝手をより良いものへと向上させたり、付加価値をつけること。

最近よく聞いたり見たりする、古民家の外観は変えずに、内部を今風に変えるというのはリノベーションの分かりやすい例ですね。

間取りや構造を変えて大きなリビングダイニングを作ったり、2世帯住宅にしてしまったり、大規模な工事となります。

 

結局、リフォームとリノベーションの違いは?

どっちも住宅を改修するという点では同じだけど、正確には違いがある。

リフォームは、古くなったり使い勝手が悪くなったものを、もとの性能にまで戻す、修復するという意味合いが強く、小規模な工事になることが多くなります。

リノベーションは、修復はするけど、機能や使い勝手をよりよいものに性能を向上させたり、価値を高めることが本来の意味で、よりよく作り替えるという目的となり、工事の規模も大きなものを指すことが多くなります。

間取りまでも変えてしまうくらい大規模なのはリノベーション、なんていう基準もあったりするようです。

日本では、長く使われてきたリフォームという言葉があるので、リノベーションもリフォームのうちのひとつという解釈がとられがちで間違いとも言えないのですが、正確には違いがあるということは覚えておきましょう。



 

公式ツイッター:

スポンサーリンク





-中古物件・リフォーム・リノベーション

Copyright© おすすめの住宅ローン&注文住宅 入門編 -自営業 家を建てる- , 2018 All Rights Reserved.