住宅ローン借り換えや返済

繰り上げ返済とは?2つのタイプのメリット・デメリットについて

投稿日:

住宅ローン契約後、有効に返済していく手段として有名な「繰り上げ返済」。

上手く使えばとても効果的に返済していくことができるこの繰り上げ返済の2つのタイプと、メリットデメリット、注意てんについて見ていきます。

 

繰り上げ返済とは?

繰り上げ返済とは、毎月の返済額とは別で、手元の資金に余裕があるときに、まとまった金額を返済する方法。

支払った金額は、全て元金の返済に充てられるので、その分の支払い利息を減らすことができます

基本的には、いつでも行うことができますが、1回の最低返済額や手数料は、金融機関やローンの種類によっても違ってきます。

元金の全額を返済する「全額繰り上げ返済」もありますが、一般的によく行われる「一部繰り上げ返済(一部だけを返済する)」について書いていきます。



 

「期間短縮型」「返済額軽減型」の2つのタイプ

繰上返済には、「期間短縮型」「返済額軽減型」の2つのタイプがあります。

 

期間短縮型

繰上返済によって返済期間が短くなる!

期間短縮型は、返済期間を短くして、月々の返済金額は変えない返済方法です。

繰り上げ返済した額に相当する元金が、ごっそりと無くなることで、短縮された期間分の利息がカットされます。

 

返済額軽減型

繰り上げ返済後の毎月返済額が減る!

返済期間は変わらずに、月々の返済金額を減らす返済方法

元金が減るのは、期間短縮型と同じだけど、返済期間は変わらないから、返済額を計算し直すという仕組み。

元金が減った分、利息も減って、毎月の返済額も軽くなりますが、期間短縮型に比べると利息を減らす効果は低くなります。



 

繰り上げ返済のメリット

繰り上げ返済のメリットは何と言っても「利息を軽減できること。」

高い効果を出したいなら、期間短縮型で早い時期に行うのが有利です。

また、2つのタイプがあることで、今後の資金計画を組みやすいというのもあります。

できるかぎり効果を上げたいなら、「期間短縮型」でいいですが、将来の教育費や月々のローンの支払いをとにかく抑えたいという場合は「返済額軽減型」が向いているでしょうね。

 

繰り上げ返済のデメリット

手元の貯蓄分を繰上返済にばかり回していると家計が苦しくなってしまう可能性も・・・

繰り上げ返済することばかりに夢中になってしまうと、手元の資金が減ってしまいます。また、手数料がかかるものもあるという点にも注意しておきましょう。

利息を大きく減らしたいために、期間短縮型で繰り上げ返済しても、月々の支払い額は変わらないというのも忘れないように。

本来払いたくない利息を減らせる、メリットは大きい繰り上げ返済ですが、そのために家計が苦しくなってしまうのは避けたいところです。今は使うことがない貯蓄でも、いざというときに必要となる可能性もあります。

目先の損得だけじゃなく、メリット・デメリットを理解して、家族の将来のことも考えた返済を行っていきましょう。



 

住宅ローン比較ポイント
住宅ローンを比較する際には、金利はもちろん、手数料・保証料・繰上返済の手数料、疾病補償などさまざまなポイントがあります。ベストな住宅ローンはどうやって選べばいいのか!新規の借り入れでも借り換えでも、住宅ローンを比較・検討する場合に注意しておくべきポイントについて見ていきます。
住宅ローンを比較・検討するためのポイント

おすすめ住宅ローン

スポンサーリンク





-住宅ローン借り換えや返済

Copyright© おすすめの住宅ローン&注文住宅 入門編 -自営業 家を建てる- , 2018 All Rights Reserved.