フラット35について

住宅金融支援機構ってなに?銀行の組織?審査機関?あやしい団体?

投稿日:

フラット35を提供している住宅金融支援機構とはどんな機関なんでしょうか。

銀行?保険会社?審査をする機関?あやしい団体?
ちゃんとした独立行政法人(省庁から独立した法人組織)だよ。

住宅金融支援機構とはどういうものなのか、詳しく見ていきます。



 

住宅金融支援機構とは

住宅金融支援機構は、住宅金融公庫の業務を継承した独立行政法人。

住宅金融公庫とは、「かつて存在した国土交通省(旧建設省)・財務省所管の特殊法人・政策金融機関。 2007年3月31日に廃止され、4月1日より独立行政法人住宅金融支援機構に業務が引き継がれた。」(Wikipediaより)

独立行政法人とは、「国民生活及び社会経済の安定等の公共上の見地から確実に実施されることが必要な事務及び事業であって、国が自ら主体となって直接に実施する必要のないもののうち、民間の主体にゆだねた場合には必ずしも実施されないおそれがあるもの又は一の主体に独占して行わせることが必要であるものを効率的かつ効果的に行わせることを目的として、この法律及び個別法の定めるところにより設立される法人」(Wikipediaより)

うん、もう読む気にもならないね。分かりやすくしてもらえるかな?

住宅金融支援機構とは、住宅金融公庫の業務を継承し、2007年4月1日に発足した独立行政法人です。

 

独立行政法人とは

国の省庁から独立した法人組織のことで、政府の事業のうちで、大学や博物館、病院、研究機関など、独立して運営した方が効率的だということから、分離させた法人。

国の大切な仕事の中で、民間に任せてしまうわけにもいかない事業を国から独立した形で行う法人ということ。

分かりやすい例で言うと、造幣局、国立美術館、理化学研究所、国民生活センター、大学入試センターなんかは、独立行政法人。
よし分かった!AC 公共広告機構もだ!
残念、ACジャパンは、公益社団法人。ややこしくなるから、思いつきでしゃべらないでね。話を戻します。
(分かりにくいって言ったから怒ってるのかな…)



住宅金融公庫時代は住宅ローンを直接融資していた

旧住宅金融公庫では、長期・固定・低金利の住宅ローンを、直接融資していました。住宅金融支援機構になってからは、一部の民間金融機関による貸付が困難な分野のみに直接融資を限定しています。

審査では、申込者の職業・年収・資産などの人物を対象とした基準よりも、物件の構造や評価額を重点において審査されていました。

それってさ・・・。
そうだね!フラット35の審査で言われることと同じだね。

2000年代には、住宅融資残高のうち、4割弱もシェアを占めていたそうです。

 

フラット35は住宅金融支援機構となる前から存在

フラット35自体で見ると、フラット35という名前になったのは2004年のことで、住宅金融支援機構となる前から存在していました。

フラット35は、民間の金融機関が安心して長期固定金利の住宅ローンを提供できるように、住宅ローン債権を証券化し、投資家に投資してもらう「証券化支援業務」という、いろいろな業務のうちの一つとして行われていて、その他にも行っている業務はたくさんあります。

災害復興(低利融資)や、子育て世帯向け省エネ賃貸住宅建設融資,サービス付き高齢者向け賃貸住宅建設融資なども行われています。

へぇ〜、いろんなことをしているちゃんとした組織だったんだ〜
フラット35とは?仕組み・収入など条件やメリットについて詳しく

フラット35は、契約社員・派遣社員・パートの方も、転職・就職・起業後間もない方でも、審査が厳しい自営業・個人事業の人にもおすすめできる住宅ローンです。 そもそも、フラット35とはどんな住宅ローンなのか ...

続きを見る



 

住宅ローン比較ポイント
住宅ローンを比較する際には、金利はもちろん、手数料・保証料・繰上返済の手数料、疾病補償などさまざまなポイントがあります。ベストな住宅ローンはどうやって選べばいいのか!新規の借り入れでも借り換えでも、住宅ローンを比較・検討する場合に注意しておくべきポイントについて見ていきます。
住宅ローンを比較・検討するためのポイント

おすすめ住宅ローン

スポンサーリンク





-フラット35について

Copyright© おすすめの住宅ローン&注文住宅 入門編 -自営業 家を建てる- , 2018 All Rights Reserved.