住宅ローン審査

本審査とは?事前審査(仮審査)との違いは?通らないこともあるの?

更新日:

無事に、事前審査を通過したら、不動産会社への物件申し込みを行い、売買契約のタイミングで、正式に住宅ローンを申し込み「本審査」を受けることになります。

本審査は、事前審査に比べてさらに本格的な基準で審査されると言われます。

本審査について、本審査に通らないのはどんなケースか、気をつけるべき点などについて見ていきます。

 

本審査とは

本審査は、物件の売買契約などのタイミングで、正式にローンを申し込んで行われる審査です。

本審査は、事前審査に比べてさらに細かくチェックされます。

本審査に必要な書類は?

申込書だけでなく、不動産会社との契約書類(売買契約書や重要事項説明書・登記事項証明書など)、収入に関する書類(源泉徴収票や確定申告書、課税証明書など)、役所で発行してもらう証明書類(住民票や印鑑証明書など)、などなどたくさん用意する必要があって、必要書類を集めるだけでも一手間かかります。

本審査の審査期間は?

本審査は一般的に「金融機関+保証会社」が行う審査となります。1〜2週間ほどで結果がでます

金融機関によっても違いますが、長い人は3週間以上待ったという人もいます。

金融機関側が、ちょっと詳しく調べさせてもらいたいな、という場合は、書類を追加で提出させられるということもあるようです。

国民健康保険の支払い状況を確認したり、預金通帳の残高などを参考資料とされることもあります。

その場合でも、しっかりと金融機関側の疑問に応えることができれば、問題はないそうです。



 

事前審査と本審査の違いは?

事前審査に比べると、さらに詳しく審査がされて、団体信用生命保険に加入できる健康状態かどうかや、物件の担保価値もしっかりと見られます。

事前審査では主に「返済負担率」に重きをおいて審査されると言われますが、本審査では、年齢・健康状態、勤務先の経営状態なども審査に加えられると言われます。

でも「事前審査に通ったから本審査は余裕だ!」とは言い切れず、通らない場合だってあります。

 

事前審査に通ったのに本審査に通らない!

当然、本審査の方が基準は厳しくはなるので、事前審査(仮審査)にはクリアしたのに本審査では通らないという場合もあります。

団信(団体信用生命保険)に加入できる健康状態かどうか」は、一般的に本審査でチェックされるので、健康状態での問題があったりすると通らないことがあります。

また、事前審査の内容に間違いがあったり、事前審査のときよりも信用状態が悪化したりしたらだめです。

なかなか無いと思いますが、事前審査通過後は新しくクレジットカードを作ったり、転職したりしないようにしましょう。



 

本審査についてのまとめ

正式に住宅ローンを申し込むための「本審査」。
事前審査を通過したと言っても、やっぱり審査中はドキドキするものです。

事前審査のときに間違いない情報を提出しておいて、その内容から変わった点がなければ、ほとんど落ちることはないとも言われます。

事前審査後に、他のローンを組んだり、支払いの延滞があったり、クレジットカードのリボ払いを利用したり、健康状態が悪化したりしてしまうと通らないこともあるので、そのようなことのないように注意しましょう。

本審査に通れば、あとは「金銭消費貸借契約」を結んで「融資実行」となります。マイホームが一気に現実のものになります。

全ての人が通るのがいいですが、そういうわけにもいきません。残念ながら本審査で落ちてしまったという場合は、ほかの金融機関をあたってみるのもひとつです。

その場合、どうして今回審査を通過できなかったのか、という理由をしっかり考えて対処できるように、体勢を整え直しましょう。



 

住宅ローン比較ポイント
住宅ローンを比較する際には、金利はもちろん、手数料・保証料・繰上返済の手数料、疾病補償などさまざまなポイントがあります。ベストな住宅ローンはどうやって選べばいいのか!新規の借り入れでも借り換えでも、住宅ローンを比較・検討する場合に注意しておくべきポイントについて見ていきます。
住宅ローンを比較・検討するためのポイント

おすすめ住宅ローン

スポンサーリンク





-住宅ローン審査

Copyright© おすすめの住宅ローン&注文住宅 入門編 -自営業 家を建てる- , 2018 All Rights Reserved.