フラット35について

優良住宅向け!フラット35Sとは?|基準や金利引き下げ期間について分かりやすく解説

投稿日:

金利優遇の競争が激しくなっている現在ですが、フラット35にも金利を優遇してくれる制度はあります。

通常のフラット35の基準に加えて、省エネルギー性、耐震性などの基準に合格した質が高い住宅を取得する場合に、一定期間、借入金利を引き下げてもらえる「フラット35S」という制度になります。

フラット35Sとはどういうものなのか、基準や金利引き下げ期間など分かりやすく見ていきます。



 

フラット35Sとは?

フラット35Sとは、省エネルギー性や耐震性などに優れた住宅向けに、フラット35の借入金利を一定期間引き下げてくれる制度です。

具体的に言うと、建てる・購入する住宅が優良住宅だと認められた場合、返済当初10年間または5年間の金利が引き下げられます。

フラット35Sには、予算金額があって、予算金額に達する見込みとなった場合、受付が締め切られます

というのも、質の高い住宅(耐震性など)の取得は、国が促進しているもので、金利引き下げ分の原資は税金なのです。国の予算に基づいて実施されているから、期限もあるし、締め切られてしまうこともあるのです。

また、新築住宅の建設・購入、中古住宅の購入に利用できる制度で、借り換えには利用できないと言う点にも注意しましょう。

 

対象となる住宅の技術基準

フラット35Sで対象となる住宅は、4つの性能のうち1つ以上の基準を満たす必要があります。

省エネルギー性

高い水準の断熱性等を実現した住宅

耐震性

強い揺れに対して倒壊、崩壊しない程度の性能を確保した住宅

バリアフリー性

高齢者の日常生活を行いやすくした住宅

耐久性・可変性

耐久性があり、長期にわたり良好な状態で使用するために措置された住宅。



 

金利引き下げプランは2つ|期間は5年か10年

「金利Aプラン:10年間」と「金利Bプラン:5年間」があります。

フラット35Sには、返済「当初10年間」フラット35の金利が引き下げられる「金利Aプラン」と、返済「当初5年間」フラット35の金利が引き下げられる「金利Bプラン」があります。

プランは住宅の性能基準の内容によって決められます。

対象かどうかはどうやったら分かる?申込方法は?

自分が取得しようとしている住宅が対象になるかどうかは、売主、工事請負業者、販売代理業者等に確認してみましょう。

融資実行の手続きの前までに、【フラット35】の技術基準に加えて【フラット35】Sの技術基準も満たすことが確認できる適合証明書を金融機関に提出する必要があります。

 

フラット35Sについてのまとめ

フラット35Sとは、省エネルギー性や耐震性などに優れた住宅向けに、フラット35の借入金利から一定期間引き下げてもらえる制度。

「金利Aプラン:10年間引き下げ」と「金利Bプラン:5年間引き下げ」があります。

省エネルギー性・耐震性・バリアフリー性・耐久性・可変性の性能のうち、1つ以上の基準を満たす必要があります。

受付が締め切られる可能性がある点と、借り換えには利用できない点に注意しましょう。



 

住宅ローン比較ポイント
住宅ローンを比較する際には、金利はもちろん、手数料・保証料・繰上返済の手数料、疾病補償などさまざまなポイントがあります。ベストな住宅ローンはどうやって選べばいいのか!新規の借り入れでも借り換えでも、住宅ローンを比較・検討する場合に注意しておくべきポイントについて見ていきます。
住宅ローンを比較・検討するためのポイント

おすすめ住宅ローン

スポンサーリンク





-フラット35について

Copyright© おすすめの住宅ローン&注文住宅 入門編 -自営業 家を建てる- , 2018 All Rights Reserved.