注文住宅

注文住宅とは?どういう意味?デメリットや注意しておくべき点について解説

更新日:

ほとんどの人が一生に1回となるマイホームの取得。

せっかく新築で家を建てるのなら、自分オリジナルの理想の家を建てたいと思ってしまうもの。

自分や家族がそれぞれが持っている理想の家を現実とできるのが「注文住宅」です。

注文住宅についての基本的なことや、デメリット・注意しておくべき点について書いていきます。



 

そもそも「注文住宅」ってなに?どういう意味

注文住宅とは、ハウスメーカーや工務店、建築士などに設計を依頼して、施工会社に建築してもらう住宅のこと。

外観のデザイン・コンセプト、間取りや構造、さまざまな設備・素材まで、自分や家族の好みやライフスタイルに合わせてオーダーメイドで新築住宅を建てることができます。

ハウスメーカーや工務店に設計から工事まですべてを依頼して建ててもらったり、建築事務所に設計と管理を依頼して、工務店などに工事を依頼したり、と建て方もさまざま。

自分や家族の理想を叶える、自分たちだけのオリジナルの家づくり!やっぱりいいものです。

 

「オリジナルの」「こだわりの」「好みの」「ライフスタイルにあった」家

注文住宅のメリットは何と言っても「自由に好きな家が建てられること」。

デザインや機能性にこだわりがあってもOK、趣味にも合わせられる “自分たちだけのオリジナルの家"が建てられます。

「子どもが二人だから…」「2世帯住宅に」など、家族の "ライフスタイルにピッタリあった新築”ができます。

西洋風・和風・モダン・おしゃれに・かわいく・シンプル…などなど “好みのデザインの家”にできます。

といっても、法令もあるし規格や仕様があったりするので、完全に自由にというわけではないのが一般的だと思います。ちなみに、うちは「シンプルな四角い黒い家」がコンセプトでした。

「すべてを決められる知識がないと無理!」というわけじゃなく、基本的にはハウスメーカーの担当者さんに希望を伝えたり、相談しながら決めていきます。

 

マイホームに愛着が持てる

自分や奥さん、家族と相談したり、担当者さんと何度も打ち合わせを重ねてできあがるマイホームは、愛着がわきます。

奥さんと意見の食い違いで言い合いになってしまったり、打ち合わせをしたものの、「今日って何か進んだのかな?」みたいなこともあったり…。

せっかく一生そこに住むであろう家を建てたのですから、帰りたくなる大好きな空間がベストだと思います。



 

【デメリット】注文住宅について注意しておくべき点

注文住宅を建てたいと思っている人が注意しておくべき点について書いていきます。

 

注文住宅を建てるための土地が必要

注文住宅が他の住宅購入と大きく違うポイントとして、土地が必要になってくるという点があげられます。
一番の注意点はこれですね、土地が無ければ理想のマイホームも建てられません。まあ当たり前ですが。

親族から譲ってもらう土地があるという場合なら、そのまま注文住宅を建てる方向に動けますが、土地に「あて」がない場合は、土地を買うことから始める必要があります。

うちの場合は、もともとハウスメーカー(兼不動産屋)の知り合いに「お前のところで家を建てるわ。」というのを伝えていたので、見合った土地が出てきたときに「ここはどう?」とか「あそこの土地が空きそう」と早い段階で教えてくれていました。

土地の形や地域の法令などもからんでくるので、それに従った住宅を建てることになります。

まず土地選びというプロセスが必要となってくるという点は頭に入れておきましょう。

 

打ち合わせ・やり取りが多い

土地探し・購入のやり取りもありながら、家を建てることの打ち合わせも何度もする必要があります。もちろん、住宅ローンのことも進めながらになります。

間取りは?図面どう?各設備は?外装は?内装は?・・・、と何度もやり取りは必要です。

「今日の打ち合わせって何か進んだっけ?」みたいなこともあります。これはもう理想の家を建てるためには、仕方がないことでしょう。担当者さんだって頑張ってくれてますからね。



 

建売住宅よりは一般的に高くなる

一般的には建売住宅よりも建築費として見ると、値段は高くなるというのが一般的です。

といっても、シンプルな構造・仕様にして、できるだけ低価格に抑えることもできます。

自分の場合は、まあシンプルで四角い家にしたんでローコストに抑えられましたが、さらに「友達価格」ということで、かなり安くしてもらっちゃいました♪

予算を立てていたり、見積りをあげてもらっていても、「やっぱりこっちの設備がいい」とか、どうせならいいものをと追加して、予算をオーバーしてしまうということも起こってしまいます…。

注文住宅と建売住宅の違いやメリット・デメリット|金額面ではどっち?

そう思う人も多くいると思いますが、それぞれにメリット・デメリットも存在しています。 注文住宅と建て売り住宅の違いや、メリット・デメリットについて見ていきます。   この記事の目次1 注文住宅 ...

続きを見る

 

建つまではイメージがつきにくい

注文住宅は図面やイメージ図などで設計や打ち合わせが進んでいくので、仕上がりのイメージがしにくいです。

イメージ図を見ながら、施工前の土地を眺めていてもやっぱりイメージできませんし、建ち出したら「あれ?こんなサイズ感なの?」と不安になってきたり…。

だんだんと工事が進んでいっても、外壁が終わるまでは、外観の見た目もしっかり分かりません。

でも、ドキドキしながら、自分の家が出来上がっていくのを見るのもいいものです。業者の人達と顔を合わせて、差し入れを渡してお話したり。(まあ業者もだいたい知り合いだったんですが…。)

 

将来的に後悔する部分も出てくるかも

自分の価値観やこだわりを押しすぎて、その時はよくても、将来的に「これやめとけばよかった…」みたいなことが起こる可能性もあります。
担当者さんは、あまりおすすめできないお客さんのこだわりでも「(やめといた方がいいと思うけど)できますよ!」と言ってくれるものです。

自転車や車、釣り、音楽などなど、その時ハマっている趣味でも、10年後にはまったく興味がなくなってしまうこともありえます。

将来のこともイメージして、しっかり考えるようにしましょうね。

 

注文住宅についてのまとめ

デメリットや注意しておくべき点は、細かいものを出せばもっといろいろありますが、最低限注意しておくべき点をあげてみました。

土地の段取りは当然としても、打ち合わせ・やり取りがメンドクサく感じたり、建つまでイメージしづらかったり、建売住宅よりは高くなったり、後で「やめとけばよかったかな?」と思う部分が出てきたりと、デメリットもありますが、やっぱり出来上がって住んだら、「注文住宅にしてよかった。」と思えるんじゃないでしょうか。

デメリットも確認して、理想の家づくりに役立ててもらえると嬉しいです。

建てましょう、注文住宅!

 

注文住宅会社比較一括提案サイト「タウンライフ家づくり」では、大切な土地探しや、面倒くさい間取りプラン、さらには費用・資金計画などサポートしてくれる「家づくり計画書」を無料で作成してもらえます。

家づくりを計画している人や、すでに注文住宅づくりのために動いている人にも役に立つサービスだと思います。

タウンライフ家づくりの評判|無料で注文住宅の間取り作成と相場費用の比較ができる!

タウンライフ家づくり 注文住宅の間取り作成と相場費用の比較がカンタンにできる、注文住宅を検討する人のためサービスです。 国家基準をクリアした信頼のある会社のみ、全国600以上の注文住宅会社から、希望す ...

続きを見る

 

公式ツイッター:

スポンサーリンク





-注文住宅

Copyright© おすすめの住宅ローン&注文住宅 入門編 -自営業 家を建てる- , 2018 All Rights Reserved.