住宅ローン金利

店頭金利・優遇金利・適用金利って何?ややこしい3つの金利の違いとは

更新日:

住宅ローン選びのために銀行のHPを見ていたりすると、金利が店頭金利・適用金利・優遇金利と3つ書かれていたりしますよね。さらに、基準金利、表面金利、実質金利なんかもあったりします。

同じ金融機関でも店頭金利と優遇金利ではかなり差があったり。

「いろんな数字があって、ややこしくて、結局どれを見て選べばいいのか分からん。」という人のために、詳しく説明します。(そんな人、自分だけかな…。)

店頭金利・適用金利・優遇金利、それぞれの意味や違いについて見ていきます。



 

店頭金利(基準金利)

店頭金利と基準金利は同じもの。基準となる金利。

店頭金利は、金融機関が市場の動向に合わせて、自由に決めている金利のこと。基準となる金利なので「基準金利」と書く金融機関もあるのです。

金融機関ごとに決めるから、金利に「ばらつき」があります。市場の金利で決まるので、銀行間でそこまでの差はありません。

金利タイプごとにそれぞれの店頭金利が決められています。

分かりやすく、店頭金利は「定価」のようなものだと考えましょう。

 

優遇金利

店頭金利から引き下げられる金利幅のこと。

優遇金利は、店頭金利から引き下げられる率のこと。「優遇金利○%」という場合、店頭金利から○%の引き下げがしてもらえます。

引き下げには、幅があるところもあれば、一律になっているところもあります。

分かりやすく言うと優遇金利は、古くなって「○%OFF」と貼られたシールのようなイメージ。

 

適用金利(表面金利)

適用金利は、その名のとおり、借入時に適用される金利のこと。
店頭金利が値引き前の定価だと考えると、適用金利は値引き後のセール価格というイメージ。

ただ、ややこしいのが、この「適用金利」のことを「優遇金利」という使い方をするところもあるいう点。少しあいまい。

ややこしいときは、金融機関に確認してみましょう。



 

適用金利は審査によって決まって変動する場合も

基本的に適用金利は、借入する本人と物件の両方が審査されて決まるものです。

ネット銀行の多くは、優遇金利が一律となっていて、適用金利がその人によって変わるということはありません。

また、変動金利型の金利タイプの場合は、返済の途中でも適用金利は変わることがあるのも注意しておきましょう。

 

店頭金利・適用金利・優遇金利の3つの違いまとめ

店頭金利(基準金利)は定価、優遇金利は割引率、適用金利はセール価格のイメージです。

3つの金利の中でも、注目すべき金利は「適用金利」「優遇金利」。

店頭金利はあくまでも指標だと思っておきましょう。

あれ?「実質金利」っていうのが出てきてないな・・・
「実質金利」は少し違うから、また今度改めて説明するよ!
実質金利(APR)とは?銀行のホームページ上の表面金利だけで比較して損していませんか?

国内に数ある住宅ローンの中からお得なものを選ぶ指標として、各金融機関が公表している「金利」を比べて比較するのが普通です。 住宅ローンの「表面金利」と「実質金利」とはどういうものなのか、詳しく見ていきま ...

続きを見る

 

住宅ローン比較ポイント
住宅ローンを比較する際には、金利はもちろん、手数料・保証料・繰上返済の手数料、疾病補償などさまざまなポイントがあります。ベストな住宅ローンはどうやって選べばいいのか!新規の借り入れでも借り換えでも、住宅ローンを比較・検討する場合に注意しておくべきポイントについて見ていきます。
住宅ローンを比較・検討するためのポイント

おすすめ住宅ローン

スポンサーリンク





-住宅ローン金利

Copyright© おすすめの住宅ローン&注文住宅 入門編 -自営業 家を建てる- , 2018 All Rights Reserved.