住宅ローンの選び方・比較方法

不動産会社に紹介された提携ローンで大丈夫?メリット・デメリットについて

投稿日:

住宅を購入しようとしているときは、一般的に不動産会社とのやりとりを重ねます。

その過程の中で、住宅ローンも「難しそうだから不動産会社の提携ローンを選んでおく」「担当者さんと仲良くなって断りにくいから」と、不動産会社の提携ローンをなんとなく選んだという人がかなりいます。

住宅ローンを抱える多くの人が、ファイナンシャルプランナーへの無料相談などで、もっとお得に住宅ローンが組めたということを初めて知るといいます。それだけ提携ローンを利用している人が多いということでしょう。

不動産会社が、難しそうな住宅ローンの手続きをサポートしてくれて、必要書類も勝手に用意してくれる。ほとんどの人が初めてとなる不安な住宅ローンについて、その手間をかなり少なくしてくれます。

でも、その住宅ローンは、もしかしたら審査に通りやすいことが第一の住宅ローンかもしれません。あなたにとってベストな住宅ローンなのかどうかしっかり見定める必要があります。

提携ローンのメリット・デメリットについて考えてみます。

 



 

提携ローンとは?どんなメリットがある?

提携ローンは、金融会社が不動産会社と提携している住宅ローン。(勤務先が提携しているというケースもあります。)

メリットとしては、不動産会社が審査など手続きを進めてくれるので、手間が少なく、審査が早い場合もあるというのがあげられます。

提携ローンを利用することで、金利を優遇してもらえることも多いのです。
自営業や個人事業の人でも、「普段から提携・協力しあっている不動産会社の後押しがあるから審査に通りやすい」という噂もあります。

 

提携ローンのデメリット

提携ローンは、手続きを不動産会社にお任せしてしまうので、自分でしっかり理解できていなかったり、手数料がかかる場合もあります。

それよりもやっぱり、「選べる金融機関や住宅ローン商品が限られてしまう」というのが一番のデメリットとなります。

自分でしっかり探せば、もっと金利が低いものがあるかもしれないし、もっと保障やサービスが充実しているものもあるかもしれません。



 

自分で探して住宅ローンを組んだ人と提携ローンを選んだ人に対する調査

2014年に、情報サイト「All About」を運営する株式会社オールアバウトと、SBIモーゲージ株式会社とで、行わた調査があります。

「住宅ローンに関する調査」を発表/オールアバウト、SBI モーゲージ共同調査
http://corp.allabout.co.jp/corporate/press/2014/140904_01-2.html

1都3県在住で3年以内にローンを組んで住宅を購入した30代~50代の男性636名を対象に、住宅ローンに関する調査を共同で実施。

対象者を「自分で探した金融機関でローンを組んだ人」と、「不動産業者などから紹介された金融機関でローンを組んだ人」に分けて、両者の傾向を浮き彫りにしたという面白い調査です。

業者から紹介されて選んだ人よりも、自分で探して選んだ人の方が満足度が1割ほど高かったんだ。
さらに、現在借り入れしている住宅ローンが今後どう変わっていくかについて聞いた所、業者から紹介されて選んだ人は、そうでない人よりも「あまり変わらない気がする」(25.4%→18.9%)、「よくわからない」(9.4%→4.0%)といった曖昧な回答が多く見られたそうです。

 

しっかりと自分で比較・検討するのはやっぱり大切

紹介されたからといって、提携ローンを選ばなければいけないということはありません。

本来住宅ローンは自分で自由に選んでいいものだし、特定の銀行のみだけで比較検討ができなくなるし、あなたにとって提携ローンが一番お得なベストなものだとは限りません

とはいえ、提携ローンは悪いものというわけではなく、お得になるという場合もあります。

住宅の購入が具体的に進んできた時には、住宅ローンの情報を集めて、金利だけでなく、諸費用や保障なども考慮して総合的にしっかりと比較・検討するのが大切となります。

住宅ローンはこうやって選べ!比較のために最低限実践すべきポイント

審査に通りやすいもの 手続きが手軽で簡単なもの とにかくお得に借りられるもの もしもの時の保証が充実してるもの 特典やサービスが魅力的なもの などなど、住宅ローンを選ぶ基準にもいろいろありますが、これ ...

続きを見る



 

公式ツイッター:

スポンサーリンク





-住宅ローンの選び方・比較方法

Copyright© おすすめ住宅ローンまとめ|金利と特徴から比較【新規も借換も】 , 2018 All Rights Reserved.