住宅取得計画・物件探し・土地探し

購入するか賃貸で家賃を払うかメリット・デメリットを確認して比較

更新日:

ずっと賃貸していくのか、購入して自分の家とするのか、この議論はメディアでもよく見かけます。

よく言われる「賃貸で家賃を払い続けるなら、購入した方がいい!」「今の情勢なら購入するよりも実は賃貸の方がいい!」というあれです。

今回は、賃貸と購入を、メリット・デメリットについて確認して比較してみます。

 

購入した場合のメリット

・自分の家があるという安心感・ステータス

・ローンを払い切れば、完全に自分のもの(資産)となる

・払い切ってしまえば家賃がかからず老後が安心

・間取りや設備の変更などリフォームが自由にできる

・住む必要がなくなっても、貸すことができる

 

購入した場合のデメリット

・大きな初期費用がかかる

・住宅ローンを組む必要がある(金利が上昇する場合も)

・住み替えは対応しづらくなる

・メンテナンスが必要で維持費や税金がかかる

・売却するにも値段が下がってしまっている場合がある



 

賃貸の場合のメリット

・ライフスタイルの変化に合わせて住み替えができる

・初期費用があまりかからない

・設備の修繕などは管理者の負担で維持費が少ない

・自分の好きな地域に住みやすい

・税金や金利、物件の価値などを考えなくてもいい

 

賃貸の場合のデメリット

・家賃を払い続けても自分のもの(資産)として残らない

・老後も家賃はかかってきて負担となる

・高齢になると住み替えしづらくなる場合もある

・住み替え時には敷金礼金や引っ越し費用はかかる

・自由にリフォームができない

 

経済的にどっちがお得なのか

今現在、賃貸で住んでいる物件を購入するという場合なら比較はしやすいと思いますが、購入するのか賃貸で住んでいくのか「実際どっちが経済的にお得なのか」というのは、はっきりと言えません

購入・賃貸に住んでのかかる総額というのは、ライフスタイルも人それぞれありますし、引っ越ししたり家賃も様々、購入した場合も、思わぬ修繕費が必要になる場合も普通にありえる話です。

購入した場合と賃貸で借りていた場合の総額を比較しているサイトなども多いですが、あくまでも1つの例として参考程度と考えて、鵜呑みにはしないようにしましょう。

自分や家族の将来設計・ライフプランを組み立てて、どちらが自分にあっているのか見極めるしかないと思います。

答えは人それぞれで1つではないので、将来幸せだったなと思えるようにするしかないですよね…。

 

結局、購入と賃貸どっちがおすすめ!?

購入すると、初期費用が大きくかかってきますが、ローン返済完了後は住宅にかかる費用が少なく済んで、老後も安心して自分の家で暮らすことができます。

賃貸ならば、金銭的にキツいからと他の物件に引っ越したり、子どもができたから広い物件に引っ越す、など柔軟に対応できて気楽に暮らせます。

しかし、老後も家賃を払わないといけないので、1,000万円レベルの貯蓄が必要となることもあります。

賃貸と購入どっちがいいかという議論は、これからも続くと思います。はっきりとした答えは人それぞれとなってしまうので、「こうだ」とは言えません。

結論はやっぱり「自分や家族のライフスタイル・将来のライフプランに合わせてしっかり比較して選択するのが大切。」としか言えませんね…。



 

公式ツイッター:

スポンサーリンク





-住宅取得計画・物件探し・土地探し

Copyright© おすすめの住宅ローン&注文住宅 入門編 -自営業 家を建てる- , 2018 All Rights Reserved.