住宅取得計画・物件探し・土地探し

注文住宅と建売住宅の違いやメリット・デメリット|金額面ではどっち?

更新日:

マンションではなく、新築一軒家を購入する場合に、「注文住宅」と「建て売り住宅」という選択肢がでてきます。
どうせなら自分の生活に見合ったピッタリの注文住宅を建てたい!

そう思う人も多くいると思いますが、それぞれにメリット・デメリットも存在しています。

注文住宅と建て売り住宅の違いや、メリット・デメリットについて見ていきます。



 

注文住宅について

注文住宅は、建築士さんに家を設計してもらって、施工会社と工事の契約を結んで建ててもらう住宅です。

自分や家族の生活だったり子どもの希望を取り入れたりして、自分オリジナルの新築を建てることができます。

 

注文住宅のメリット

・自分(や奥さんなど家族)好みの見た目にできる。

・間取りもある程度は自分で決められる。

・設備や素材、建て方も選べる。

・業者が選べる(建築条件が無い場合)。

・自分の家が出来上がっていく様子を確認できる。

注文住宅のデメリット

・打ち合わせを何度も行うことになって面倒

・価格が分かりにくい。(費用がはっきりするまで時間がかかる)

・建物が出来上がるまで実物のイメージがしにくい

・土地がない場合は、見つけるのが大変

・売りにくくなってしまう可能性がある

注文住宅とは?どういう意味?デメリットや注意しておくべき点について解説

ほとんどの人が一生に1回となるマイホームの取得。 せっかく新築で家を建てるのなら、自分オリジナルの理想の家を建てたいと思ってしまうもの。 自分や家族がそれぞれが持っている理想の家を現実とできるのが「注 ...

続きを見る

 

建て売り住宅について

建て売り住宅は、土地付きの家を、不動産会社と、売買の契約を結んで購入します。
簡単に言えば、「すでにでき上がっている家を購入する。」ということで、仕上がっている間取りなどに自分たちのライフスタイルを合わせていくような形になります。

※建物はまだ完成していないという場合もあります。

 

建て売り住宅のメリット

・価格がはっきりと分かる

・住む前に物件を細かく確認して選べる

・打ち合わせが少なくてスムーズ

・購入すればすぐに住める

・比較的、売りやすい

建て売り住宅のデメリット

・好みのデザインにピッタリと合うものと出会うのが大変、妥協も必要

・間取りや設備が家族に合うものと出会うのは大変

・家を建てている状況は確認できない

 

注文住宅か建て売り住宅どっちを選ぶか

自分の理想のオリジナル住宅を建てたい、すでに土地は持っている、2世帯住宅にしたい、という人も注文住宅の方がいいのかなと思います。

自営業・個人事業の人なら、「店舗兼住宅、事務所兼住宅を建てたい」という人も多くいると思います。

その場合は、注文住宅の方が適していますよね。自分は事務所と住宅は別ですが、憧れるといえば憧れます。

自分も注文住宅を建てたのですが、自営業・個人事業の方は、注文住宅となる人が多そうな気もします。

知り合いにも多いのですが、建築関係の仕事を自分でしている人なら、自分の家を建てることに携わることもできるし、安く建てられたりもしますよね。

 

金額面では建売住宅のほうが有利か

建売物件の場合は、居住したいエリアも選びやすくて、購入前に物件をしっかりと確認することができるし、入居までもスムーズというのが大きなメリット。

土地を持っていない場合は、建て売りの方が安い価格で済む場合が多いです。

人それぞれの考え方もありますから、どっちがいいとは言えません。それぞれのメリット・デメリットをしっかり確認して選ぶようにしたいところです。

 

公式ツイッター:

スポンサーリンク





-住宅取得計画・物件探し・土地探し

Copyright© おすすめの住宅ローン&注文住宅 入門編 -自営業 家を建てる- , 2018 All Rights Reserved.