自営業・個人事業の住宅ローン審査

自営業者や個人事業主でも住宅ローン審査を通すことができます。フラット35や一括審査をおすすめします。

個人事業主はどうしてローンが通りににくい?自営業の住宅ローン審査基準とは

   

64814500331549abfbbd0043b084f7be_s

自営業・個人事業主の人は、会社に勤めている人よりも住宅ローンの審査に通りにくいと言われます。どうして通りにくいのか、住宅ローンを利用する場合に、気をつけるべきポイントはどんなものなんでしょうか。

 

自営業・個人事業主はなぜ住宅ローン審査が通りにくいのか

自営業者・個人事業主とは、法人に所属せずに、自ら事業を行い確定申告をしている人のこと。継続的な請負(下請)や納入をする業者や代理店など、雇用でない契約によって他者の事業に従属する者はあくまで独立の経営であって、それが法人でなければ個人事業主ということになります。

なぜ住宅ローン審査に通りにくいとされているのかと言うと、収入が安定していないからだと言われています。毎月の決まった給料が保証されていないし、総合的に収入が黒字続きになるという保証が無いなど、収入面での心配があると見られるからです。

審査基準を満たすのが難しい

審査では、収入面だけじゃなく、事業の内容についても調べられる可能性もあるそうです。一過性の事業ではないか、倒産などの恐れは無いか、などの調査によって、審査の判定も変わってくるとされています。そのように自営業・個人事業主の住宅ローン審査基準は、様々な部分を見られるので、厳しい審査となっているのが現実なんです。

個人事業主・自営業の収入を証明するものは「確定申告」だけ。確定申告を3年間行った状態ではじめて住宅ローンの審査を受けることができます。収入の証明がしっかりできなければ、住宅ローンの審査を受けても、通りません。

 

やっぱり住宅ローン審査は通らないのか

最近では、個人事業主でも比較的審査に通りやすいローンも登場しています。一般的な審査と同じく、収入に対する借入額の割合や、信用情報機関などで審査が行われます。独立して間もない場合などは、確定申告の書類が1年分でも審査してくれるところもあります。

審査に通過しない金融機関があっても、別の金融機関のローン審査には通過することも多々あるそうなので、1つの金融機関で通らなかったからと言って、諦める必要もありません。

フラット35を利用したり、頭金・自己資金を多めに用意するなど方法はあります。頭金が多いと借り入れ額や月々の返済額を抑える事できるし、審査で金融機関に与える印象もよくなるとされています。

関連記事:多くの個人事業者が利用している「フラット35」

それぞれの金融機関によって、基準となる平均年収には違いがありますが、基本的には、安定した収入が継続的にある事を示す必要があります。

安定した収入が確保できていても、審査により通りやすくする為には自己資金を多めに貯めておきましょう。また、その他のローンなどで抱えている負債は、できるだけ減らしておく事も大事なポイントです。

 

 - 個人事業主・自営業について