自営業・個人事業の住宅ローン審査

自営業者や個人事業主でも住宅ローン審査を通すことができます。フラット35や一括審査をおすすめします。

自己資金を「購入金額の最低でも2〜3割は」用意する

   

「家を建てたい!」と考えた場合に、まず資金の現状を把握しておく必要があります。

家を建てる資金には、住宅ローン借入金と自己資金があります。

自営業である自分が、今どのくらいの金額の住宅を購入できるのか、というのは、借り入れできる金額と、預金額などの自己資金を合計して計算してみます。

 

住宅ローンの借入金を減らして、返済総額を少なくする

住宅ローンは、「貸してもらうお金」プラス「利息」を支払うものなので、借入額が少なければ、その分、利息も少なくなって、返済総額を少なくすることができます

借り入れ金額をできるだけ減らすというのが、ローンの負担を減らすポイントになります。

そのためには、住宅購入時に支払う頭金の額を多くしたいところです、すなわち、「自己資金を増やす」ことが大切になってきます。

 

自己資金は最低2〜3割用意する

自己資金には、自営業で得た自分の預貯金の他に、配偶者の預貯金、有価証券、両親や親族などからの援助や借入も加えて考えます。

自己資金 = 預貯金 + 有価証券 + 身内からの援助

自己資金は頭金や諸費用などの支払いにあてて、自己資金でまかなえない部分を住宅ローンで借り入れるということになります。

基本的には、「自己資金ゼロで家を建てよう」とは考えるべきではありません。とはいえ、頭金を貯めることばかりに夢中になってしまっては、家族の夢のマイホームを建てるタイミングを伸ばしてしまうということになります。

住宅を建てる際には、「最低2〜3割」の自己資金は確保しておくべきだと言われます。

自己資金が2割に満たない場合は、現時点では家を建てるのは厳しいといえます。

自己資金を増やす方法

自己資金を確実に増やすには、日々の節約でコツコツ貯めていくこと。住宅用資金のために専用の口座を作っておくのもおすすめです。

両親や親族が生活に余裕があるなら、資金援助を受けるというのも、現実的なことでしょうか。贈与税がかかる場合もあります。援助ではなく、借金するというのも手段の一つです。

夫婦や親子で資金を出し合う場合は、登記するときに「共有名義」にしないと、贈与税の対象となってしまいます。

 

 

自己資金についてまとめ

家を建てたいとなった場合には、自己資金はすぐに計算して出しておくようにしましょう。無理をして高い金額で考えておく必要はありません。

自己資金で頭金を多く支払っておくと、住宅ローン借入額を少なく出来るので、その分、支払い総額が節約できます。

最低、2〜3割。頑張って貯めましょう。

 

 - 住宅ローンについて