自営業・個人事業の住宅ローン審査

自営業者や個人事業主でも住宅ローン審査を通すことができます。フラット35や一括審査をおすすめします。

銀行ローンとフラット35の違いとは?どっちがお得?

   

2e46af7f623964b86cf6a000cd517d17_s

「銀行ローン(信金・信組・労金、JAを含む)」と「フラット35(住宅金融支援機構)」の違いを比較してみます。

 

審査基準・金利タイプ

フラット35は、銀行ローンよりも審査基準が明確です。特に、職業による選別がされないことになっているから、自営業・個人事業主の人は銀行ローンより借りやすいことがあります。年収400万円未満なら30%以下・400万円以上なら35%以下。勤務先や職業によって選別は原則されません。

銀行ローンは、年収によって返済負担割合が設定され、各銀行によって頃なります。勤務先や職業によって借りにくいことも。

金利タイプの種類が豊富なのは銀行ローン。全期間固定型を利用したい人は、大手銀行かフラット35が選択肢になりますが、地方在住だと、大手銀行の支店がなかったりもするから、地方銀行が扱うフラット35が頼りになってきたりします。

 

費用・団体信用保険

フラット35は、ローン保証料が無料。諸費用のなかでも大きな割合を占めてしまうので、頭金が少ない人にとってもありがたいことです。(例として、銀行ローンだと、3000万円を35年で借りると約57万円など)

ローン事務手数料は、銀行ローンでもフラット35でも3〜5万円(+消費税)くらいはかかってきますが、フラット35のなかには、「借入額の2%+消費税」というような設定もあります。

銀行ローンでは加入が絶対条件となる「団体信用生命保険(団信)」。大きな病気を持っていたり治療中だったりすると、これに加入できずに借りることができない場合もあります。保険料は金利に含まれているので、ローン契約者が別途支払う必要はありません。

フラット35の場合は、任意加入となります。団信に入れなくても借りることが可能ということです。ただ、団信保険料は別途支払う必要が出てきます。銀行ローンと金利比較する場合は、フラット35の金利に、「団信保険料」を上乗せして比べる必要があります。

 

繰り上げ返済

銀行ローンの場合は、繰り上げ返済手数料が無料のところもあったり、1000円〜2000円+消費税、中には、2〜3万円+消費税など、高いところもあったり、銀行によって異なっているので、繰り上げ返済を考えている場合は、前もってしっかりチェックしておく必要があります。

フラット35の場合は、繰り上げ返済手数料が無料ですが、最低金額は100万円。ネットを使えば原則10万円からです。

 

一括比較サービスを利用する

いくつもの金融機関を自分で比較、それぞれを審査していると、手間も時間もかかってしまいます。面倒な場合は、住宅ローン一括比較サービスを利用しましょう。

>> 住宅ローン一括比較サービスについてはこちらの記事

 

 - 住宅ローンについて