自営業・個人事業の住宅ローン審査

自営業者や個人事業主でも住宅ローン審査を通すことができます。フラット35や一括審査をおすすめします。

【借金】消費者金融や他のローンで借り入れがある場合の審査は?

   

e72001241f07a3b9254583c491b3004d_s

住宅ローンの審査を申し込む際、他にローンや借金がある場合は、どういう風に審査されるんでしょうか。消費者金融からの借金であったり、車やクレジットカードでのキャッシングだって借金として扱われるので注意が必要です。

自営業・個人事業の場合も、国金や銀行の事業者向けのローンなどでの借入がある場合もよくあるので押さえておきたいポイントです。

 

消費者金融やクレジットカードでのキャッシング

簡単・便利にお金が借りられる消費者金融ですが、住宅ローンを通したいと考えている場合、消費者金融の利用は慎重になるべきです。

金利や対応は銀行と変わりはありませんが、借り入れしやすいということが、仇となってしまうようで、消費者金融は、銀行側からすると審査が甘いので、どういう理由でそこから借入をしているのか、勘ぐりを受けてしいます。

当然、返済の延滞が合ってしまった場合は、かなりのダメージがあると言えます。

また、簡単にお金が借りられるし、借金をしているという意識にもなりにくい「クレジットカードでのキャッシング」は、借金が複数にわたる可能性もあって、多重債務という判断をされかねないようです。しっかりと返済していても、頻繁に利用していたり、一度でも支払いが滞ってしまったら個人信用情報機関に記載されてしまいます。

消費者金融やクレジットカードでのキャッシングを利用していると、住宅ローンの審査基準に達しない可能性が高まってしまうので、かなり注意が必要です。

これらの借金履歴がある場合、住宅ローン審査が厳しくなるとはいえ、ちゃんと住宅ローンを組めている人はいます。審査前に、借金をどのようにすべきなのかを相談してみるようにしましょう。金融機関側も、できるなら自分のところから借りてほしいと思っていますから、親身になってくれるところもあるかと思います。

 

車のローンや事業者ローンの場合

消費者金融からの借金はないから大丈夫だと思っていても、車のローンや教育ローンなども借金扱いになります。

住宅ローンでの審査基準には「返済比率」があって、借金がある人の場合は、年収における比率をチェックされます。だいたい、年収が400万円未満の場合で約30%以内、400万円以上で約35%以内に返済比率が収まるかどうかを金融機関は見ているとされています。

例えば、年収400万円で30%以内に収めるという場合、借金は住宅ローンを含めて、年間120万円以内ということになります。

借金はないとして申告しても、金融機関は個人信用情報機関に問い合わせるので、お見通しですし、虚偽申告で信用を失う方が問題となります。

他にもローンがあったり、消費者金融での借り入れ歴がある場合は、借金を返済して減らしたり、クレジットカードの解約、住宅ローンの希望金額を減らしたりするなどありますが、詳しい状況などには、個人差もあるので、専門のファイナンシャルプランナーに一度相談してみるものひとつの手だと思います。

 

 - 住宅ローンについて