自営業・個人事業の住宅ローン審査

自営業者や個人事業主でも住宅ローン審査を通すことができます。フラット35や一括審査をおすすめします。

個人事業主・自営業者は住宅ローン審査が通りにくい!?

jieigyou_jyutakuloan_top

自分は、フリーランスでWEB関連の仕事をしています。いわゆる個人事業・自営業です。自宅を購入する際には、住宅ローンの審査を通すのになかなか苦労しました。

個人事業をしている人は、「節税」をしていることも多く、確定申告時の所得を抑えていたりもします。最近は特に自営業者への審査は厳しくなっているそうです。

とはいえ、「自営業だから」と完全否定されるなんていうことはなく、しっかり収支状況を提出できれば、ちゃんと住宅ローン審査を通過させることができます。

自分の場合は、知り合いの不動産屋さんで家を建てようとして「自営業の住宅ローン審査は今、とっても厳しい…。(自分の不動産屋が)提携している金融機関よりも、付き合いのある銀行をまず当たったほうがいいかも。」ということで、いくつか銀行を当たることにしました。

大手銀行には審査にも持ち込んでもらえず。取引があった銀行でそれでした。最終的には、親の代、さらにその前から何世代も付き合いがあった地方信用金庫さんが頑張ってくれて、無事住宅ローン審査を通し、家を建てることができました。

その経験をもとに、自営業者・個人事業主の人が住宅ローンを通すためのポイントをいろいろ見ていきます。個人事業主とは違いますが、派遣社員・契約社員・パートアルバイトの人も参考になる部分もあるかもしれません。

 

住宅ローン審査が通りにくいと言われる自営業

9e7adcce703b01f6ffc49ee9831a1ad2_s

個人事業主・自営業者や、中小企業の経営者は、住宅ローンの審査が通りにくいという現実があります…。しっかりした会社に勤めている会社員に比べると、「返済が困難になる確率が高い」というのが理由のようです。

確かに、自営業の売上は、景気の影響も受けやすく、不景気となって収入が下がってしまうと、会社員とは比べ物にならないほどの収入ダウンになることも考えられます。

ローン審査を通すことが目的ですが、当然ローンの組み方にも慎重になる必要があります。

テレビに頻繁に出ている旬な芸能人であっても住宅ローンが通りにくいという話もあるそうです。「現在は儲かっていても、将来的にどうなっているのか分からない」と見られるようです。

安定した売上があって、継続的な利益が出ていても、借りにくいということですね。悲しいかな、これが自営業者の現実なので、それに対して対処方法を考えていきましょう。

中小企業の経営者も自営業者として見られる

銀行は、中小企業の経営者も「自営業者」として見るそうです。融資取引をしている銀行など、普段から付き合いのある銀行なら会社の業績を把握してくれているので、まずは、メインバンクとしている銀行にお願いするのが大事なようです。

 

自営業者の住宅ローン対策

f339aa5dd18c4a206a1fa722b20a6eb1_s

個人事業主が住宅ローン審査を通すための対策としては、「しっかり頭金を貯めておいて、ローンの借り入れ比率を下げる」ということがまず大切なことです。

当然、融資額を減らすことにも繋がるし、頭金を貯めた事で審査のプラスとされることもあるようです。とうぜん融資額を減らすことにもなりますし、も審査を通りやすくするポイントです。

事業資金の融資を受けているなど、「普段から取引をしている銀行に相談する」というのも大事。確定申告では住宅ローンが通らないような額面であったとしても、取引銀行では売上がある事も把握できているので、住宅ローンの審査が通りやすくなるようです。

また、単純に不動産会社の提携ローンでも、不動産会社からのプッシュがあるので、通りやすいこともあるようです。

審査を通す事ばかりにとらわれず慎重に比較

自営業者の「住宅ローン借り換え」は、新規ローンに比べてさらに審査が通りにくいそうです。そのことから、借り換えを前提としたローンは組まない方がいいようです。どうしてもローンが通らないという場合は別ですが、審査を通すことばかりにとらわれすぎずに、慎重に比較する事も大切なことです。

よく言われる事ですが、個人事業主・自営業者の住宅ローンと言えば「フラット35」という選択もあります。

 

多くの個人事業者が利用している「フラット35」

flat35

職業による選別は行われず、自営業でも通常の銀行ローンよりも審査が通りやすいといわれる「フラット35」

同じ銀行でも、直接貸すローンとフラット35の両方に申し込んだ場合に、フラット35の方だけが審査に通るということもあるそうです。

フラット35は、ローンを証券化することで、最長35年の「全期間固定金利ローン」を提供している、住宅金融支援機構の商品ですが、窓口となるのは、銀行をはじめとする、民間金融機関です。

審査基準が明確で、特に職業による選別をしない事になっていて、個人事業主のための住宅ローンとしてはありがたく、利用している人も多くいます。

諸費用の中でも大きな割合をしめてくるローン保証料が、フラット35では不要・無料です。頭金が少ない人にとってもありがたいポイントです。

前年度・1年分の所得の証明で審査してもらえる

基本的な住宅ローンの所得の証明は「3期分(3年分)」。それに対し、フラット35は、「前年度1期分の収入の証明」で審査してもらえます。

事業所得・不動産所得・利子所得・配当所得及び給与所得のそれぞれの所得金額の合計額を年収とし、それに占める全ての借り入れが、400万円未満の場合:30%以下、400万円上の場合:35%以下という基準を満たしている人が申し込めます。

開業して3年に満たない人でも、確定申告でしっかりと収入を証明しておけば、前年の所得から住宅ローン審査を通す事ができるのです。

そのことから、今期の収入をがんばって上げて確定申告し、来年度にフラット35で住宅ローン審査に挑戦するという人もいますし、銀行によっては勧められる場合もあります。(返済が無理になってくるような無理な計画は立てないようにしましょう。)

 

おすすめのフラット35住宅ローン

楽天銀行 フラット35

楽天銀行住宅ローンのフラット35は、業界最低金利。

最長35年間、全期間固定金利で利用できます。金利上昇を心配しなくていいので、最後の返済まで安心。

保証料は無料で融資事務手数料は業界最低水準。来店不要で、WEBからのみで審査が申し込めます。

35年固定金利 20年固定金利 事務取扱手数料 保証料
1.020% 1.190% 借入額×1.08% 無料

 

 

複数の金融機関に一括審査・比較

ginkou

複数の金融機関に仮審査を申し込み、審査結果を"比較"することで正しい選択をすることができます。

実際の借入条件は仮審査後にわかります。複数の金融機関に仮審査を申し込み、審査結果を"比較"することで正しい選択をすることができます。

住宅ローンの審査はおよそ1~2ヶ月かかります。万が一審査が通らなかった場合タイムロスが発生してしまうんですね。あらかじめ複数の金融機関に審査申し込みをしておくのがおすすめです。

住宅本舗の住宅ローン一括審査申し込みサービス



住宅本舗の「住宅ローン一括審査申し込みサービス」は、希望条件に合った複数の金融機関に一括で審査申し込みを行えるサービスです。

お借り入れ条件を入力するだけで、無料にて簡単に利用できます。面倒な申込手続きの手間を省略して、納得の住宅ローンを選びましょう。

▼  ▼  ▼

【住宅ローン】手間のかかる審査申し込みを一度で!
複数の金融機関に一括審査申し込み

 

個人事業主・自営業でも住宅ローンは組める!

一般的に金融機関は、「完済時の年齢」「返済負担率」「担保評価」「勤続年数」「健康状態」「年収」を審査基準にしているとされています。

勤続年数に関しては、だいたい3年以上、年収については、300万円から400万円以上が必要と言われています。また、他の金融機関での借入に対しての返済の延滞がないかなどチェックが行われます。また、団体信用生命保険(団信)に加入できるのも目安となるので、健康状態も見られます。

個人事業主・自営業は審査に通過しにくいと言われていますが、絶対に通らないという訳ではないので、事業による収入アップを目指すのは当然ですが、頭金もできるだけ貯めて、夢のマイホームを手に入れましょう。

 

公開日:
最終更新日:2016/05/11